1. トップ
  2. 観光スポット

観光スポット

観光スポットのご案内

日本最古の温泉といわれる道後温泉は、日本書紀や万葉集にも登場する歴史ある温泉。
そのシンボルとして親しまれている公衆欲所の道後温泉本館は、築100年を数え、これまで夏目漱石をはじめとする多くの文化墨客が訪れたことでも有名です。
  • 松山・道後の観光スポットのご案内

    • 道後温泉本館

      日本最古の温泉といわれる道後温泉は、日本書記や万葉集にも登場する歴史ある温泉。

      【霊の湯】
      3階個室:大人1,550円 小人770円
      2階席:大人1,250円 小人620円
      【神の湯】
      2階席:大人840円 小人420円
      階下: 大人410円 小人160円

      ※※※今年の休館日は12月4日※※※
    • 椿湯

      昭和28年に増設されたもうひとつの外湯。伊予国風土記逸文の中にある聖徳太子の碑文が刻まれています。


      椿湯 大人 400円
      小人 150円
      高齢者 180円
      障害者 180円

      ※※※今年の休館日は12月5日※※※
    • 飛鳥乃湯泉

      飛鳥時代の建築様式を取り入れた外観が特徴の温泉。
      「太古の道後」をテーマにした源泉かけ流しの温泉が楽しめます。

      1階浴室 1階浴室
      入浴のみ 大人 600円
      小人 300円
      2階大広間 1階浴室入浴
      2階大広間休憩 大人 1,250円
      小人 620円
      2階個室 1階浴室入浴
      2階個室休憩 大人 1,650円
      小人 820円
      2階特別浴室
      (家族風呂) 1階浴室入浴
      2階特別浴室 1組 +2,000円
      大人 1,650円
      小人 820円

      ※※※今年の休館日は12月5日※※※
    • 松山城

      天守閣から松山市内を一望、晴天には石鎚連山まで見渡せます。
      また春は桜の名所として行楽客で賑わいます。

      住所 松山市丸之内1
      Tel 089-921-2540(城山管理事務所)
      089-921-4873(ロープウェイ事務所)
      定休日 無休
      営業時間 9:00~17:00(入場は~16:30)
      ※季節変動有
      料金 天守閣入場510円
      駐車場 有
    • 道後ハイカラ通り商店街

      道後温泉本館と道後温泉駅まで続くアーケード商店街。
      沢山の愛媛のお土産物や飲食店が並びます。雨の日でも観光に便利。
    • 道後公園

      中世の時代に伊予国(現在の愛媛県)の守護であった河野氏が本拠地としていた14世紀前半から16世紀後半にかけての約205年間存続した城跡である湯築城(ゆづきじょう)跡でもあります。
      松山市道後町にあり、湯築城跡とその周辺からなる総合公園。
      公園内の湯築城跡は、現在展望台となっています。
      桜の名勝で、花見時期は大勢の観光客で賑わうことが出来ます。
    • 伊佐爾波神社

      日本に三社しかないといわれる八幡造りの神殿で有名。
      江戸時代の建立で、国指定重要文化財に指定されています。
    • 子規記念博物館

      近代俳句のすべてを一堂に集めた俳句の殿堂。
      正岡子規の生い立ちや、道後の自然・歴史なども紹介しています。

      住所 松山市道後公園1-30
      Tel 089-931-5566
      定休日 年度・シーズンにより変わります。
      12月 毎週火曜日
      1月 9日、16日、23日、30日
      営業時間 9:00 ~ 18:00 (入館は午後5時30分まで)
      ※5月1日~10月31日
      9:00 ~ 17:00 (入館は午後4時30分まで)
      ※11月1日~4月30日
      料金 個人:400円/団体(20人以上):320円
      ※特別展観覧料は別に定めます。
      ※小中高校生は無料。
      駐車場 有
    • 石手寺

      奥道後への道中にある四国霊場八十八ヶ所第五十一番札所。
      聖武天皇の祈願により728年に創建された古刹です。
    • 坊っちゃん列車

      明治21年(1888年)から67年間運行した蒸気機関車。夏目漱石の小説坊っちゃんで「マッチ箱のような汽車」と紹介されたことから「坊っちゃん列車」の愛称で親しまれるようになりました。
      現在はディーゼル車両として復元運行しており、乗車してみると松山の市街地から道後温泉まで景色を楽しみながら当時の雰囲気が味わえます。松山市駅・道後温泉駅では全国的にも珍しい乗務員による機関車の回転シーンが楽しめます。


      運行場所 松山市駅・JR松山駅前⇔道後温泉
      運行時間 約1~2時間毎運行
      運賃(1乗車) 大人800円・小児400円
    • セキ美術館

      香山又造や東山魁夷などの作品をはじめ、館長が収集した日本画や油絵、版画など、約200点を収蔵しています。


      住所 松山市道後喜多町4-42
      Tel 089-946-5678
      定休日 月・火曜(祝日の場合は開館)
      ※12月29日~1月3日は休館
      営業時間 10:00 ~ 17:00
      料金 一般/700円  小・中・高校生500円
      駐車場 有
    • 大観覧車 くるりん

       松山のランドマーク的存在。松山市駅・いよてつ髙島屋屋上にある大観覧車くるりん。
      ゴンドラ内は冷暖房完備で快適な空中散歩を楽しめる。1周15分・地上85mの高さから「松山城」や「瀬戸内の島々」のほか夜になると松山市内の夜景を楽しむことができます。
      まわりも床も透明で浮遊感を味わえる「シースルーゴンドラ」も好評営業中。


      営業時間 10:00~22:00
      ※休業日はいよてつ髙島屋に準ずる。
      料金 通常ゴンドラ  1人 :700円
      シースルーゴンドラ  1人 :900円
  • 松山周辺の観光スポットのご案内

    • 石鎚山

      山岳信仰(修験道)の山として有名であり、日本百名山または日本百景の一つでもあります。
      さらには日本七霊山のひとつとされ、霊峰石鎚山とも呼ばれます。
      石鎚山脈の中心的な山であり、石鎚国定公園に指定されています。
      正確には、最高峰にの天狗岳(てんぐだけ)・石鎚神社山頂社がある弥山(みせん)・南尖峰(なんせんぽう)の一連の総体山を石鎚山と呼ぶ。石鎚山の頂は、通常は天狗岳のことを指します。
      写真などで有名な為、登山者は天狗岳を目指すものが多いが、弥山から天狗岳までの登山道が少し狭いことや、天狗岳の頂に多人数がとどまれるスペースがないこともあり、子供やお年寄りは直前(約300m手前)の弥山までの登山となることが多くあります。

      入山料:500円
      土小屋遥拝殿に立ち寄り、 登山切符と登山保護初穂料の申し込みをする。
    • しまなみ海道

      1999年(平成11年)5月に開通した、西瀬戸自動車道の愛称でもあり、愛媛県今治市と広島県尾道市を約60kmかけて結びます。
      日本のエーゲ海とも称えられる美しい瀬戸内海に浮かぶ島々には、それぞれ個性的な10本の橋が架けられています。
      また各橋には、自転車歩行者専用道路(総延長は約80km)が設置されているため、全線を通じていつでもウォーキングやサイクリングを楽しむことが出来ます。
    • 愛媛県立とべ動物園

      砥部町にある西日本有数の県立の動物園。
      前身は愛媛県松山市に1948年創立した愛媛県立道後動物園であり、 道後では周辺への環境問題や施設の拡張が難しいため、
      1988年4月に現在地に移転し開園した。
      ホッキョクグマの「ピース」は、1999年12月2日に誕生し、日本で初めて人工哺育をする事に成功しました。
      今も人工哺育での最長飼育期間を更新中である。
      また、テレビに取り上げられることも多く、とべ動物園で一番の人気者である。

      9:00~17:00(入園は16:30まで)※月曜日は休園日
      大人(18歳以上高校生除く) 500円
      大人(65歳以上) 200円
      高校生(15歳から17歳) 200円
      6才~14才 100円
      65歳以上 100円
      6才未満 無料